今更モンハンワールドを買うべきか、悩んでいる人へ

2018年1月に発売されたPS4のゲーム、「モンスターハンターワールド」

発売されてからそこそこの日数が経ってしまい、買うべきか悩んでいる人へ

「絶対買っとくべきだから!」

という理由を伝えたくて、今日はこの記事を書きます。

後発だから損ということはない

多分、今から買うのを迷っている人は

男性
周りも強くなりすぎちゃってるし、ついてけないだろうな~

と思って、躊躇しているのではないでしょうか。

全然そんなことありません!むしろ楽かも。

今回のモンスターハンターワールドではオンラインがかなり充実しています。

オンライン集会所から一人でクエストに出ると「救難信号」というものが打てるので、それを見た人が世界中から助けに来てくれます。

私もハンターランクが低い時に、強い人が稲妻のごとく現れ瞬殺で倒していくのを遠くから見守っていましたw

とりあえず救難信号を打ちまくって、最初の頃のクエストはこなしてしまいましょう。

やり込み要素がすごい

発売当初に買ったモンスターハンターワールド。
プレイ時間は150時間を超えました。

このゲームはPSPやDSなど、ハードを変えて発売されてきた歴史あるゲームですが、とにかく昔からやり込み要素がありました。

でも、今回のモンスターハンターワールドは、歴代の作品の中でも群を抜いてやり込める要素がたくさん!

男性
せっかく買っても飽きないかな~

と思っているそこのあなた!全然そんなことないから!!!めっちゃ遊べて相当お得だから!!

ということで、やり込み要素についてもう少し細かく書いていきます。

やり込み要素1:壮大な自然の中で狩る

とにかく今作はステージがダイナミックで広いです。

エリア的にも広いし、高低差もあるので最初は道に迷うことも。でも、そんな狩猟環境を熟知して獲物を追い詰める楽しさといったら・・・!!!

今後アップデートでステージも増えるのでしょうか。

楽しみです。

やり込み要素2:イベントが充実している

定期的にアップデートやイベントが発生するため、飽きることがありません。

アップデートではモンスターが増えたり、イベントではハンターランクが楽にあげられるボーナスクエストのようなものや、他のゲームとのコラボレーションアイテムがゲット出来るクエストが配信されたりします。

例えば2018年春にはロックマンとのコラボイベントがあり、アイルーの装備を全身ロックマンに変えることが出来ましたw

同時期に行われた春のお祭り「アステラ祭り」では、集会所がお花でいっぱいになったり

花火が打ち上げられたりと賑やかでした。

やり込み要素3:環境生物をコレクションしてみる

モンスターを狩ることのほかに、環境生物と呼ばれるフィールドにいる小さな動物を捕まえて楽しむ要素もあります。

中にはレアなものあるので、探索を繰り返してようやく捕まえられるものも。

捕まえた環境生物は、自分の家で飼うことができます。

これは、レアな環境生物「ふわふわクイナ」

めっちゃかわいくないですか?
でもこいつ、足が異様に長くて、縮こまってるとかわいいけど、伸びるとちょっと気持ちわるかったりします・・・。

今すぐ買おう

今から始めても遅くない!やり込み要素もたくさんある!ということが伝わったでしょうか?

歴代のモンハンをやってきた私からしても、今作は群を抜いて面白いと思います!!!

(エリア間の移動をした時のロードもないし、採集のアクションもなく走りながらアイテムが取れたりするところもかなり魅力的・・・)

ぜひぜひみんなでモンハンワールドを楽しみましょう~

オンラインで会ったら一緒に狩りましょうね!