【レビュー】世界の超富裕層だけがやっているお金の習慣

岡村聡さん著【世界の超富裕層だけがやっているお金の習慣】を読みました。

信頼している知り合いに「いい本だ」と勧められて手に取ったのですが、そうではなかったら手に取らなかったかも・・・。

だって、このタイトルで、表紙がシンガポールのマリーナベイサンズ(SMAPのソフトバンクのCMで有名になった屋上にプールがあるホテル)ってチャラくないですか?

miolog,世界の超富裕層だけがやっているお金の習慣,岡本,聡,レビュー,本

でも、読んでみたら良い本だったので紹介します。

 

読書メモ

 

本書の中では、

・自宅用の不動産を除いた金融資産を100万ドル(約1.2億円)以上保有している富裕層と呼ばれる階層

と付き合いの多い著者が、富裕層と付き合うことで見えてきたお金に対する考え方、人との関わり合い方などが紹介されています。

 

 

以下、読書メモ。

 

まとめ

 

よく、ブロガーが一カ月の収益を公開して叩かれている場面を見るけれど、
日本人は「稼ぐことは悪だ」という考えの人が多いと思います。
別に一カ月に20万稼ごうが、100万稼ごうが、悪いことではないと思うんですよね。
それが、法律や道徳に違反しているわけではない限り。

で、どちらかというと、「稼いだお金をどう使うか」というほうがセンスの見せ所な気がしていて

・今日はスイートルームで女子会♡
・リムジンチャーターしてお誕生日祝ってもらっちゃったー♡
・豊洲のタワマン買いました♡

みたいな使い方って、ナンセンスな気がしてしまうのですよね・・・。
嫌いじゃないんだけど、そういうのも。
でも、それ以外にも、もっと賢明な使い方をしたいなぁと思うのです。

ガンガン稼いでガンガン社会に還元する、ということをやりたいので、今後も頑張ります!