エコな街、ツェルマットの交通機関

長らくお付き合いいただいたツェルマット記事もこれが最後です!

最後は、ツェルマットの交通機関について。

 

エンジンを吐き出すものは何も走っていない

 

実はこの街の中に、エンジンを吐き出して走っている交通機関は一つもありません。

走っている自動車は全て電気自動車。
タクシーもバスも、一般の車もです。

自ずと型は同じになりますが、送迎のホテルの名前が入っていたり、
タクシーの名前が入っていたり、色が違っていたりと、工夫が見られます。

miolog,ツェルマット,電気自動車 miolog,ツェルマット,電気自動車 miolog,ツェルマット,電気自動車

乗り心地は結構よくて、中も暖房が効いていて暖かかったです。

そのほかには、電車が走っています。

街の外から来る列車はこんな登山鉄道。
景色がめちゃくちゃ良いです。

miolog,スイス,鉄道,写真 miolog,スイス,鉄道,写真 miolog,スイス,鉄道,写真

思わずこんなことを呟いてしまうぐらい旅情を感じる・・・。

こちらはゴルグナード鉄道。
ツェルマットの街から、マッターホルンが良く見える標高3100mの展望台まで一気に運んでくれる鉄道です。

miolog,ゴルグナード鉄道,写真

途中の駅で降りると、改札の出口がそのままゲレンデだったりするので
展望台に行く人だけではなく、スキーを滑るお客さんも乗っています。

登りの時は右側の窓側に座ると、マッターホルンがよく見えます。

miolog,ゴルグナード鉄道,写真

 

まとめ

 

こうやって環境を徹底して管理しているからこそ、綺麗な景観が損なわれないのですね。

アブダビにも、エコシティとして有名なマスダール・シティというのがあって
ゼロ・エミッションの都市を目指しているそうですが、
日本もこういうことを視野に入れて都市開発をすればいいのにと感じました。