海外スキーに持って行ってよかったもの

スイスのツェルマットにスキー旅行に行ってきました。

今回は、スキー旅行に持っていってよかったものを紹介します!

 

North Faceの雨カバー付きリュック

 

ツェルマットでのスキーは、滑るゲレンデによってコースの標高が大きく変わります。
2000m~3900mでは、気温も、ともすると天気もまったく違うので、着る物の調整が必要になることも。
私は薄いダウンをリュックに入れて、必要に応じて着たり脱いだりしていました。

また、カメラや飲み物、ちょっとした軽食などを持ち歩くにもリュックがあると便利。

山用の大きなリュックでは疲れてしまうなぁと思い、20リットルの物を買いました。

買ったのはこちら。
キッズ用ですが、全く問題なし。

northface,スキー用,リュック,キッズ,ピンク,20,リットル,miolog

雨カバーがついているので、雪やみぞれの場合はかぶせることが出来ます。
これがすごく大事!!!!
 

northface,スキー用,リュック,キッズ,ピンク,20,リットル,miolog
 

スキーで使うリュックは、カバー付きかチャック部分も防水の物を用意しましょう。
 
 

 

オリンパスのいいカメラ

 

旅の直前に、オリンパスのミラーレス一眼を買いました。

本当にこれは買ってよかった。
値段的にも直前まで迷いましたが、後悔は全くありませんでした。

携帯にオリンパスのアプリを入れておけば、カメラとwi-fi接続して撮った写真をその場で送れるのも非常に便利。

お陰で良い写真がたくさん撮れました。

miolog,マッターホルン,朝日,写真,ツェルマット,zermatt,matterhorn miolog,マッターホルン,写真,ツェルマット,zermatt,matterhorn miolog,avena,アヴェナ,ツェルマット,zermatt,おすすめ,お勧め,オススメ,レストラン,夕食,ご飯

 

MUSASHIのサプリメント

 

今回の海外スキーで一番心配だったことは、滑る距離が日本に比べて遥かに長いこと。
一日10km~25kmぐらいを滑っていました。

そのため、体がもつのか・・・という不安もあり。
せっかくいったのに2日目から筋肉痛で体が動かない、なんて残念極まりないので、
今回はサプリメントを持っていきました。

持って行ったのは、MUSASHIというブランド。
普段ジムでトレーニングをする際に、MUSASHIのHUANというウエイトコントロール用のサプリメントを飲むときがあり、なかなか良かったので、このブランドにしました。

水に溶かして飲む「REPLENISH」(右)と筋疲労回復系の「NI」(左)

MUSASHI,miolog,ni,replenish MUSASHI,miolog,ni,replenish

これのおかげで、20km以上滑った後も筋肉痛のかけらも感じず、毎日元気に滑ることができました!

余ったので、かえってきてからも飲んでいます。

 

その他

 

そのほか、Gore-Tex素材の衣服や、ユニクロの極暖には大変お世話になりました。

参考になればうれしいです!