【感想】22年目の告白-私が犯人です-

藤原竜也、伊藤英明主演の映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」を観ました。

これね、最近観た邦画の中で一番面白かった・・・!

 

あらすじ

 

かつて、5人の命が奪われ未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。
その犯人が、事件から22年後、突然みずから名乗り出た。
会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曽根崎雅人という男だった。

時効を迎えて突如現れた犯人を藤原竜也、当時事件を追いかけ続け、犯人を捕まえられなった刑事を伊藤英明が演じています。
90年代から事件が始まるので、演者さんたちは当時のファッションから現代のファッションまでを着こなすのですが、シャツをインしたり、髪型を変えることで、こんなにも90年代感て出るんだ・・・というぐらい、時代の雰囲気が出ていました。
同じ役者さんなのにすごい。

ネタバレになってしまうので多くは語れませんが、ぜひ映画館に足を運んでみてください。

一つだけヒントを教えると・・・

このポスターを見たあなたはもうミスリードされているはず・・・。