自分でつくるベーシックインカム

ベーシックインカムという考え方があります。

ベーシックインカムとは
国が国民に必要な最低限の所得を無条件に給付する政策のこと

近い将来、多くの仕事はロボットがこなすようになると言われています。
私の予想で言うと、基本的な仕事はロボットがこなすようになり、もっとクリエイティブな仕事がこなせる人はがんがん稼ぎまくるという二極化が生まれるのではないかなと予想しています。

そして、雑にいうと人はもっと「暇」になります。

あらゆるものが自動化されたり、手元の端末一つで対応可能になるため余剰時間が増えるというイメージです。

その時に、「ベーシックインカム」という考え方が、より一般的になるのではないかなぁと思っていたりします。

国が最低限必要な所得を給付してくれるので、それで事足りる人は仕事をしなくてもある程度の生活が出来るし、働きたい人はもっと働けばいい、という状態ですね。

ただこのベーシックインカムを自分でも作っておくと、鬼に金棒なのでは?と思いました。

ベーシックインカムを自分で作る

ベーシックインカムを自分で作る。

もう少し下世話な言い方をすると、「不労所得をつくる」ということになります。

今私は、ウェルスナビやクラウドバンク、仮想通貨を使って月に3、4万円の不労所得をゲットしていますが、これが月18万ぐらいになってくると、かなりいいんじゃないかと思っています。

特に女性は、出産や子育てで今の仕事をずっとフルタイムで続けていくことが困難な状況が度々発生します。(私にその状況が訪れるかは別として・・・w)

その時に、旦那さんのお給料だけでなんとかやっていかなければ・・・!今の仕事はやめられない・・・!となるよりは、月に20万(大卒の新卒入社程度)のお金が自動で入ってくる仕組みを作っておけば、より自由に色々なことを選択できると思うのですよね。

今は便利なサービスもたくさん出てきています。
お金の在り方も今後変わっていきます。お金の価値も変わってきています。

その中で、一つの自分の選択肢として、「最低限の所得は自分で保証する」という仕組みを作っておこうと思いました。

資産運用の実績はここで毎月報告しているので、興味がある方はどうぞ。

ちなみに、これからのお金のことを考えるのに、この本はめちゃくちゃオススメです。

今までのお金のこと、これからのお金のことをこんなにわかりやすく説明してくれた本は今までなかったかもしれません。