意識しておきたい言葉は、常に見えるところにおいておく

携帯の待ち受け画面は、どれくらいの頻度で変えていますか?

私はもう3年ほどずっと同じものを待ち受け画面にしています。

受験勉強時代、トイレや廊下に覚えたい英単語のメモを貼って、常に目に入るようにしていた人も多いはず。

トイレと同じように、携帯の待ち受け画面も日常生活で目に入る機会が多いものです。

私はここに、エコデザインベンチャー企業Holstee社のマニフェスト「This is your Life」を設定しています。

理由はこの言葉を無意識のうちに意識しておきたいから。

this-is-your-life

<引用:http://halsinan.com/archives/396>

 

日本語訳

 

“ これはあなたの人生です。

自分の好きなことをやりなさい。そして、どんどんやりなさい。

何か気に入らないことがあれば、それを変えなさい。
今の仕事が気に入らなければ、やめなさい。
時間が足りないのなら、テレビを見るのをやめなさい。

人生をかけて愛する人を探してるなら、それもやめなさい。
その人は、あなたが好きなことを始めたときにあらわれます。
考えすぎるのをやめなさい、人生はシンプルです。

すべての感情は美しい。食事を、ひと口ひと口味わいなさい。
新しいことや人々との出会いに、心を、腕を、
そしてハートを開きなさい。
私たちは、お互いの違いで結びついているのです。

自分のまわりの人々に、何に情熱を傾けているのか聞きなさい、
そして、その人たちにあなた自身の夢も語りなさい。
たくさん旅をしなさい。
道に迷うことで、新しい自分を発見するでしょう。

ときにチャンスは一度しか訪れません。しっかりつかみなさい。
人生とは、あなたが出会う人々であり、
その人たちとあなたが作るもの。
だから、待っていないで作りはじめなさい。

人生は短い。
情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう。”

 

いいでしょ?

 

「これは誰のものでもない私の人生である」ということを無意識のうちに意識しておくために、私はこの画像を待ち受けにしています。

この先、人工知能や機械学習が進んでいく中で、人間はどんどん暇になっていくはず。
その中で自分が楽しいと思えることや、居心地が良いと思える場所を作り邁進していくことは、一種必要な能力として迫られるような気がしています。

何かに搾取されるでもない自分の人生を生きていきたいものですね。

▼ポスターもあります。インテリアとしてもお部屋に飾るのもアリ