江戸切子体験@亀戸 に行って来ました

前に、システムという無形の物を作っていると、有形な物を作りたくなる、というお話を書いたのですが、また形あるものを作りたくなって、江戸切子の体験教室に参加してきました。

今回お世話になったのは、亀戸にある彩り硝子工芸さんでした。

 

めちゃくちゃ面白かったです!!!!!!!システム屋さんは有形な物を作り出したいんだってばー!!!

せっかくなので工程を説明していきますね。

①機械の使い方の説明を受けます

 

この機械、円になっている部分が高速で回っているのですが、ダイアモンドがまざっているらしく、そのため滑らかにガラスを削れるんだそう。うっかり触ったら大変なことになります。大けがです。髪の長い女性は、まとめておきましょう。巻き込まれたら大変。
miolgo,from045,亀戸,江戸切子,体験,彩,硝子,工芸

 

 

②グラスを選びます

 

薄い水色、みどり、濃い紫、赤、青とあって左⇒右に難易度が上がっていきます。
理由は、濃い色になればなるほど、削る部分が見えにくくなるから。
私は一番簡単なやつにしました・・・。

 

③底面の模様を描きます

 

底面はこんな風に目印がつけてあって、自分が掘りたい図柄を作成します。

miolgo,from045,亀戸,江戸切子,体験,彩,硝子,工芸

私は、下の写真のようなのが作りたかったので、参考にして線を書いてみました。

miolgo,from045,亀戸,江戸切子,体験,彩,硝子,工芸他にも色々サンプルがあるので、「こういうの作りたい。」とお兄さんに言うと線の引き方を教えてくれます。

miolgo,from045,亀戸,江戸切子,体験,彩,硝子,工芸私が、グラスの色に始まり、非常に簡単なレベルの物を選んでいるのがおわかりいただけるでしょうか・・・。

いや、練習でグラスを削らせてくれるんですが、思ったより遥かに難しくて、まっすぐキレイに掘れないし、例えが悪いですが、切腹の時のためらい傷みたいなものがたくさんできるんですよ・・・。
なので、あまり高望みはしないことにしました。

 

④底面を削ります

 

miolgo,from045,亀戸,江戸切子,体験,彩,硝子,工芸お手伝いしてもらって、なんとかここまで。

miolgo,from045,亀戸,江戸切子,体験,彩,硝子,工芸さらに仕上げてもらって、底面がいい感じに出来上がりました。

(ほとんど自分でやっていないw)

 

⑤側面の模様を描きます

 

次は、横の模様付けです。
専用の道具を使って、高さを合わせたりしながら、側面に模様を描いていきます。

miolgo,from045,亀戸,江戸切子,体験,彩,硝子,工芸これも同じように、お店の方に手伝ってもらいながら・・・・

 

⑥完成!!!

 

なんとか・・・・
掘りまして・・・・

できましたー!!!!

miolgo,from045,亀戸,江戸切子,体験,彩,硝子,工芸どうでしょうか。

底面はこんな感じです。

miolgo,from045,亀戸,江戸切子,体験,彩,硝子,工芸横から見るとこんな感じ。

横の掘りが、底面をうつしていてすごくきれい!!!!
これがやりたくて、この模様にしたのです。

miolgo,from045,亀戸,江戸切子,体験,彩,硝子,工芸サービスで桜もつけてくれました。

他にもスカイツリー、花火、うさぎ、梅の花など、好みに合わせて模様を入れてくれます。
これらの模様は難しいため、完全に職人さんまかせ。

miolgo,from045,亀戸,江戸切子,体験,彩,硝子,工芸帰ってきてから早速、友人からもらった新潟の北雪梅酒で一杯やりました。

miolgo,from045,亀戸,江戸切子,体験,彩,硝子,工芸

 

■感想

 

面白い。こんなに集中したのいつぶりだろうというぐらい集中しました。
職人さんて本当すごいです。
前にカマボコ作り体験をした時も、「扇形にするのなんて簡単簡単ー!!」と言っていたらめちゃくちゃ難しくて、キレイな蒲鉾型を作るのに10年かかると知ったのですが、江戸切子も本当に職人芸・・・。
直線ですら満足に描けないのに、曲線なんていつになったら描けるようになるんだろう・・・。
値段の意味がとてもよくわかりました。
お店の奥さんとお話していたのですが、今は切子よりも吹屋さん(ガラスを吹いてくれるところ)が少なくなってきてしまっているようで、大口の注文はまずガラスを用意できるか確認してから受けるようにしているそう。
着物もそうですが、こういった伝統芸は続いていってほしいと切に願うので、吹屋さんも、切子屋さんも、この先継承していってほしいなぁと思ったのでした。

手仕事の技術について書かれた本ではこちらがおすすめ。

 

■感謝

 

ちなみに、今回、同期の結婚式で友人代表挨拶をしたり、二次会のお手伝いをしたりして、2カップルからお返しを頂戴していて、せっかくもらったのに、生活費に消えるのも味気ないし、貯金するのもつまらないし、と思って、いただいたお金は江戸切子の体験に使わせていただきました。

ちょっとでも意味のある使い方をしたくて。

この場をかりてお礼を言わせてください。ありがとう。