【潜入報告!3000文字!】TDLにある秘密の会員制クラブ「club33」

ディズニーの会員制クラブ【club33】に行って来ました。

ここを訪れるのは3回目。どんなところか、詳しく書いていきます!
(中の写真掲載がNGなので文章多め。ごめん!)

 

club33って?

 

ディズニーランドの中にある会員制レストランです。

元々は多忙だったウォルトディズニーが、客人をもてなすためにカリフォルニアのディズニー内(ニューオーリンズ・スクエア)に作ったとされるサロン。
ウォルトの死後は会員制レストランとして使用されています。

現地の番地が「33」だったことから、【club33】という名前で呼ばれるこのレストラン。

同じ名前のものが、東京ディズニーランドにもあり、会員権を持っている人か、会員に予約をしてもらった人が訪れることが出来ます。

ディズニーファンなら一生に一度は行きたい、ちょっとレアなレストラン。

 

どこにあるの?

 

ワールドバザールを入って十字路を左に曲がり、カリブの海賊に行く道の途中にあります。

入口は三井住友銀行の右隣。

「33」と入口に書いてあるので、知っている人が見ればすぐわかるようになっています。

club33,入口,写真,miolog,ディズニー,クラブ,33


 

どうやったら行けるの?

 

会員権を持っている者ないし、会員に予約をしてもらうと訪れることができます。
ただし、現在新規会員は募集されていないそう。

身の回りに予約をしてくれる人がいない場合、一番現実的な方法はJCBクレジットカードの最高ランク、THE CLASSを持つことのようです。

 

予約の手続き諸々

 

予約の仕方によって、各手順や料金などは違うかもしれないので、私の場合を書きます。

行きたい日の二か月前から予約が可能です。

クリスマスなどの繁忙期は結構早く埋まってしまうので、早めに予約しましょう。

ランチかディナーか、コースの内容を何にするか、ミッキーを呼ぶか呼ばないかで値段が変わってきます。

私は着ぐるみ(あ。言っちゃった)が苦手なので、ミッキーを呼んだことはないのですが、世界的な大スターを呼ぶには結構なお値段がかかります。

その分、別室に呼ばれて、その部屋の中でミッキーがマンツー接待してくれるという、ファンにとっては夢のような時間が約束されます。
ちなみに、ミッキーは別室にのみ訪れるので、クラブ内で食事をしていても見ることはできません。

(たまに、「キャー!ミッキー!!」という声だけ一瞬漏れ聞こえる)

予約が確定したら銀行振り込みで事前に支払を行います。

数年前までは振り込みまで猶予があったのですが、2016年現在3営業日以内に振り込みを行わないと予約破棄という、結構タイトなスケジュール感になっています。

また、このとき、チケットを窓口取り置きにするか、そうでないか選ぶことができます。

(私は並んでチケットを買うのがめんどうなので、いつも優先ゲートでのチケット取り置きをお願いしています)

 

ドレスコードなど、注意点は?

 

パーク内なのでカジュアルではありますが、ドレスコードが存在します。

よほどでない限り大丈夫だと思いますが、以下のような注意書きが送られてきます。

 

また、club33をご利用いただく際には、ドレスコードが定められておりますので、スマートカジュアル(例:襟付きシャツ、長ズボン、靴の着用(ビーチサンダル不可)、適度な肌の露出のない服装)でのご来店をお願い致します。

 

さらに、2016年現在、クラブ内の写真をSNSに投稿することは一切禁止されています。

数年前はこういったルールはなく、私もフェイスブックにあげたりしていたのですが、平成25年の規約改定で禁止になったそうなので、クラブ内での写真はあげることができません。

 

当日の動きは?

 

チケットをお取り置きしてもらっている場合は、パーク向かって左側のお土産屋さん横にある優先ゲートに向かいます。

チケットを購入すると、[33]というスタンプを押してくれます。(これは去年行った時の写真)

club33,入口,写真,miolog,ディズニー,クラブ,33
そのまま入園。予約時間までパーク内を楽しんだら、いざ・・・!

扉向かって右側にある金の扉を押すと、扉が開いてインターホンが出てきます。

club33,入口,写真,miolog,ディズニー,クラブ,33
33の扉は、通常施錠されており、カーテンで中は見えません。
インターホンで予約した時間と氏名を告げて、扉を開けてもらいましょう。

 

Club33の中はどうなってるの?

 

ここから先の写真は掲載不可なので、文章のみで書きます。

扉を開けて入ると、一階はクロークのみという作りになっています。
ここで、コートや鞄などを預けて、エレベーターで二階へ。

二階に付くと、サロンがあり、ソファや暖炉があります。
クリスマスシーズンは暖炉の傍に素敵なクリスマスツリーが飾ってあり、絶交の写真スポット。
また、クラブ33限定のグッズもサロン内の棚に飾ってあるので、気になる方はお食事後に見てみてください。

そして、サロン横にミッキーがマンツー接待してくれる特別ルームがあります。
ミッキーが来ていなければ扉が開いているので、中を見ることができるかも。

サロンのソファにまず通されるか、直接席に案内されるかはその時々なようですが、座るとまず、同伴者含め名前の確認をされます。

これは、お食事後にもらえる、マッチ型のシールに名前を印字するため。

来店した日にちとローマ字で名前を裏側に入れてくれます。(過去3回分のシール)

club33,入口,写真,miolog,ディズニー,クラブ,33
店内は古き良きヨーロッパの雰囲気。

ディズニーらしさはなく(キャラクターが描かれている、ということもないです)店内に流れる落ち着いたディズニーの音楽と窓から見えるシンデレラ城が、「ここはディズニーランドなのだな」と思い出させてくれます。お店のカーテンは常時閉められており、店外のゲストに見えてしまうため開けることは許されません。
(夜のパレード時のみ、カーテンを開けて見ることが可能、との話ですが、夜に行ったことがなく、これも噂でしかわかりません)

 

女性の店員さんは黒を基調としたメイド服。

といっても、萌え系というわけではなく、エプロンに33と入った、かわいらしい制服です。

 

お食事はどんな感じ?

 

フレンチのコースです。近くのテーブルを見ている限り、お子様プレートがあるようですが、後は予約時に選んだコースに沿って、お料理が運ばれてきます。

前菜⇒スープ⇒メイン⇒デザート(紅茶orコーヒー付)が基本コースです。

個人的な感想ですが、フレンチと言っても重すぎず、日本人に合ったお料理といえるでしょう。

また、テーマパーク内では、ディズニーシーしかお酒が飲めない、と言われていますが、このクラブ内であればお酒を飲むことができます。

 

 

夢はまだ続く・・・

 

お食事が終わったら、ドリンク代を清算してエレベーターで一階に降り、クロークに預けた荷物を受け取りましょう。

お外までメイドさんがお見送りしてくれます。

扉は施錠され、次に来る時まで開くことはなく、あたかも幻のように立ち消えてしまうけれど、まだここは夢の国。
そして、手元に残った日付と名前入りのケースが、確実に私がそこにいたことを証明してくれるのです。

都市伝説とも言われるディズニーの会員制レストランclub33。

また行きたいなぁと思います。